東日本巨大地震被災者皆様,熊本、大分を中心とした地震で被災された皆様
一日も早い復旧と皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。

猛禽大好きな夫婦(サンタナ&ミセス)で、自然の中の鳥たちを撮っています。

※写真をクリックすると1350pixel×900pixelの大きな画像になります。
大きな画像を見た後はブラウザーの戻るでお戻りください。
        
<< ツミの営巣 久し振りの更新です。 | main | ハヤブサ幼鳥 >>
コウノトリ

二か月ぶりに鳥撮りカメラを持っての撮影です。

 

やはり、野田で放鳥を始めたので県内へ。。。

コウノトリが飛来する回数が増えそうですね(来年も期待)

 

野田放鳥の「きずな」平成30年放鳥。

最終確認日には、平成28年放鳥の「きらら」と2羽で飛んでいきました。

只今は群馬の渋川付近のようです。

 

今年の2月に渡良瀬遊水地第二調整池に人工巣塔が出来ました。

そこで営巣をすると良いですね。

 

「コウノトリ」

 

 

 

 

 

 

 

| サンタナ&ミセス | コウノトリ | 21:53 | comments(8) | - | -
サンタナさん、こんにちは。
こうのとり、そちらに行ったんですね。

実は私、毎年放鳥前に野田にこうのとりを見に行ってまして、ただ自然界のものは見たことがなくて、立派になった姿がみられてとても嬉しいです。
あの『きずな』なんですよね。♪

そして、鳥たちがこうしてあちこちに翼で自由に自分だけの力で移動できることが羨ましいです。

お写真ありがとうございます。
| ねむり猫 | 2018/10/02 9:08 AM |

ねむり猫 さん いらっしゃい〜〜(*^_^*)

野田の放鳥を見に行ってるのですか。(素敵でしょうね)
私は放鳥シーンを見たことはありません(羨ましいです)

やはり野田での放鳥が始まり、コウノトリを見かける回数が増えました。
次は、渡良瀬の鷹見台の人工巣での繁殖を見てみたいですね。

来年も、我が県の田園へ降りてくれることを祈っています。
| サンタナ | 2018/10/02 8:21 PM |

サンタナさん、こんにちは。ねむり猫です。

いやぁ、野田のこうのとりの里で放鳥の日に伺ったことは残念ながらありません。

野田の場合、飼育されている一番広いエリアの天井部分の網を半分位開けてあげることが放鳥?というか、飛んでいって良いよ、の記念日?として、放鳥の発表をしているようです。

親鳥達も同居なんですが、羽が落とされていて飛び立てません。

暫く天井は開けたままで、子供たちは暫く親元を出たり入ったりしてエサも頂いたりしてだんだん自然に慣れて行くようです。
甘えん坊な子や自立心の旺盛な子など、1羽1羽個性があって、面白いですね。

現地に行くとボランティアの方がいて沢山お話しして下さるのが毎年の楽しみになり、4回も通ってまーす。笑

いつか私も近くの田園でこうのとりを見られることを祈っています。
| ねむり猫 | 2018/10/03 5:47 PM |

ねむり猫さん いらっしゃい〜〜(*^_^*)

野田の放鳥は、生まれた子をゲージ開放で行われる「ソフトリリース」なのですね。
放鳥ポイントまで連れて行き放鳥する「ハードリリース」ではないのですか。

ニュースで見るリリースは「ハードリリース」が多いのでてっきり放鳥の日に行けば見れるものと思いました。
最近は、「ソフトリリース」がメインのようですね。

放鳥施設で子育てさせて放鳥したほうが、地域に純化するようです。

田園に降りたコウノトリを見られると良いですね。
| サンタナ | 2018/10/04 11:01 AM |

サンタナさん、こんばんは。ねむり猫です。

野田の放鳥はソフトリリースと言うんですね。勉強になります。

私も映像とは違う様子に最初は戸惑いましたが、野田のスタッフの方々もいろいろと試行錯誤をなさってる様子でしたので、これからも応援をしたいと思っています。地元ですし、当たり前ですね。


ところで、ご存知とは思いますが、NHKの『ダーウィンが来た』という番組で、明日7日の夜7時半から都会のツミが見られるようです。嬉しい限りです。

先週は台風の為流れて、ようやく見られます。楽しみにしています。


| ねむり猫 | 2018/10/06 9:11 PM |

ねむり猫さん いらっしゃい〜〜(*^_^*)

今は放鳥の仕方を模索中のようです。
やはり、ソフトリリースの方が地元に順化するようです。

野田は地元なのですか、お醤油の町。(姉が住んでいます)
清水公園島がある静かな環境で素敵な街。
これからもコウノトリの放鳥が進むと良いですね。

ダーウィンを見ましたが、少し物足りなさがありました。
もう少し、ツミの都市部での生体を掘り下げて欲しかったです。

パルコの看板に営巣したチョウゲンボウは知り合いから聞いていました。
我が近隣の駅近くのビルでも営巣しておりました。
屋上の看板を利用して、こんな猛禽が増えるのでしょうか。
| サンタナ | 2018/10/09 4:16 PM |

サンタナさん、こんにちは。
ねむり猫です。

野田は、地元の気持ち♪ですが、車で1時間以上かかります。清水公園も良いところです。私はふなっしーの出身地、船橋に住んで居ます。
谷津干潟は近いので冬には散歩しに行くこともあります。

先日、印旛沼の近くで見慣れない中型の猛禽が居て、調べたらチヨウゲンボウでした。綺麗でした。細身でオシャレ。

チョウゲンボウは初めて見たんですが、滅多に会えないけどこれが楽しくてバードウォッチングは止められないです

ダーウィンが来た、観ていただけたんですね。お付きあいありがとうございました。
確かに物足りない感じは、ありました。
もうちょっと深く掘り下げて欲しかったですね。

それにしてもパルコの看板裏は、凄い物件ですね。山奥から都会暮らしで住まいまで変えた猛禽達をもっと見掛けられますように。


| ねむり猫 | 2018/10/10 5:15 PM |

ねむり猫さん いらっしゃい〜〜(*^_^*)

船橋は鳥探索には良い場所ですね。
シギ・チには谷津干潟や三番瀬があり、春夏秋冬楽しめますから。特にニンジさん(ミヤコドリ9はこれから楽しみ!

チョウゲンボウを見られた印旛沼付近は、夏はサンカノゴイ、ヨシゴイ等がみられ。ちょいと言った谷戸にはサシバが見られる素晴らしい場所。

冬には、チュウヒやノスリ、ミサゴ等が見られますね。
カモ類も多く見られ、モモイロペリカンの人気者もいます。
素敵なフィールドが沢山ある場所で羨ましいです。

ちょいと離れた銚子近くの川沿いでも、冬に猛禽類が沢山見られますね。
| サンタナ | 2018/10/12 5:11 PM |










      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>





このページの先頭へ